ปิด

タイのインダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンでの事業設立


タイのインダストリアル ゾーンの概要

タイの工場は、主に生産活動に合致した指定地域に建設されています。 または起業家の適性に応じてインダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンなどの産業用に特別に開発された不動産内またはこれらの区域外に建設されています。ほとんどのインダストリアル ゾーンは、レムチャバン港、スワンナブーム国際空港、バンコク市街地近くのタイの中央部かバンコク東部に位置しています。

それゆえに、304 工業団地は、ビジネスの繁栄と持続可能な成長をサポートするために、戦略的な地域に工業団地をを造成,開発することを選択しました。現在、東部地域にはプラチンブリとチャチェンサオという良く発展したプロジェクトを進めています。 開発プロジェクトの総面積は、約20,000ライ(3,200ヘクタール)です。

インダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンにおける土地購入と事業所の立上げ

外国人投資家は、タイで土地を購入できるかどうか、およびインダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンでの土地購入の違いは何なんなのか?を知らない可能性があります。 これらを以下に簡単に説明させて頂きます。

タイの投資委員会(BOI)が奨励する外国企業は、タイのインダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンで土地を購入し、土地の所有権を保持できます。ただし、これらに使用される用語は、プロジェクトの設立や管轄当局の法律や規制によって異なります。 たとえば、インダストリアル パークは投資促進法に基づいて設立され、インダストリアル エステートはタイ工業団地法に基づいて設立されます。インダストリアル ゾーンはインダストリアル パークに似ていますが 建設に際してタイの投資委員会(BOI)が主導します。

これら3つのタイプの工業区の開発者の主な責任は似ています。 これには、プロジェクトの開発を開始する前に環境影響評価を報告すること、行政当局によって指定された適用基準に従ってプロジェクトエリアを開発すること、基本的な公共ユーティリティシステムおよびその他すべての施設を提供することが含まれます。

インダストリアル パーク、インダストリアル エステート、インダストリアル ゾーンの土地を購入する場合は、関連する、各タイプの事業所の設立に必要と見なされる各ステップについて、対応する政府部門の承認または許可を申請するものとします。 一方、同じ問題のライセンスに使用される用語は、そのような活動を承認または許可する政府部門によって異なる場合があります。