ปิด

新時代の工業は時代の変化に対応するためどう変革すべきか?

画像出典元 : https://www.pexels.com/photo/person-holding-silver-and-black-tube-type-vape-6153348/

過去のビジネスでは大きな魚が小さな魚を食べるもしくは大きな競争相手を打ち負かす精神が必要とされた。今日では小さな魚でもゆっくり遅く泳ぐ魚を速く泳ぐ事により打ち負かす事ができる。今では小回りの利く小企業の方が融通の利かない大企業より有利となる形勢も現れた。様々な新型のテクノロジーや生産過程において必要となる基礎的な設備(例えば、各種製品の生産拠点、リース型倉庫、便利で迅速な物流システムなど)が国境を越えて普及したため、起業家は一から立ち上げる必要がなく、ひいては第三、第四段階から直接スタートすることができるようになった。

インダストリー4.0とタイの変化

インダストリー4.0とは、テクノロジーにより生産過程における情報収集、分析、評価を行うことで、生産組織の生産効率を向上させることを指す。この工業革命の影響は非常に大きく、多くの業界や世界のほとんどの人々の生活に影響を及ぼした。経営者であれ管理者であれ、自分の知識と技能を向上させる必要がある。特にこの変革に取り組む姿勢は重要である。なぜなら変革の重要性を十分に認識していないならば、新たな時代における産業において競争力を失い、安定性を維持することができないからである。

新時代産業のテクノロジー

  1. Artificial Intelligence(AI) 人工知能。これはまるで人のように結果を評価することができる知能のシステムであり、自ら認知能力を高めることもできる。例えば、スマートアシスタントAmy Ingramは、毎日のスケジュールや会議の取決めの整理を助けてくれる。AmyにEメールを送るだけで良いのだ。また、AppleのスマートフォンのSiriは簡単な会話もできる。
  2. ROBOTs スマートロボット。アリババグループの倉庫で使われているスマートロボットのビデオを見るなら、この新テクノロジーに驚くことだろう。ロボットはWIFIを通して作業コマンドを受け、荷物を作業員に渡して包装や輸送が行われる。一台のロボットで500キロの荷物を運ぶことができる。輸送の過程では、ロボットが互いに探知システムで通信し、衝突しないようになっている。電池が切れそうになると、自分で充電ステーションに向かい充電を行う。こうしたロボットのおかげで、倉庫全体の作業効率は3倍アップし、人件費を7割削減することができた。
  3. CLOUD クラウドプラットフォーム。これは各種の業務に対応するために生まれた作業システムである。これを通してネットワークシステム、データベースの利用や情報収集をすることができ、各種ソフトウェアやハードウェアによるサービスを活用できる。こうして管理者は多種の選択が可能になり、生産コストを削減できる。インターネットさえつながっていれば、現地のサービスにこだわる必要はなく、クラウドプラットフォームを利用して世界の各地にある作業プラットフォームにログインして仕事を行うことができる。また使用する情報はすべてリアルタイムでアップデートされるというメリットもある。
  4. 先進的な物流システム。無人機と自動運転車は貨物輸送体系の中で応用されており、輸送過程の安全性を高め、事故発生率と路上での損失コストを低減させることに一役買っている。これまでは路上での事故が生じると巨大な損失が生じることになったため、新たなタイプの物流システムが完備されるに従い、輸送コストも効果的に低下していくに違いない。また人件費削減のこの趨勢は、多くのトラック運転手にとっては大打撃となろう。
労働力の質の向上による業務の質の改善と優れた職務の創造

新型テクノロジーは人々の生活と仕事を便利なものにするが、情報の管理や制御はどうしても人間が行う必要がある。そして将来の様々な挑戦に立ち向かうには、労働力の質の改善が必須だ。特に新型テクノロジーを使用する能力を向上させること、またテクノロジーでは対応できない特殊技能を磨くことが重要となる。これは労働者自身だけでなく、生産組織にとっても非常に大切な点である。

情報出典元